神戸の戦略産業

トップページ > 神戸の戦略産業 > IT・コンテンツ産業

IT・コンテンツ産業

IT INDUSTRY未来のイノベーション創出を目指す
若い世代が魅力を感じ、イノベーティブに活躍できる場の創出を目指し、優秀な起業家を国内外から呼び込むプログラムやイノベーションを創出するためのまちづくりに取り組んでいます。専門性の高い外部人材も積極的に登用し、企業やクリエイターのネットワーク形成とアイデアの事業化を進めています。

海外スタートアップも注目。国内最高の支援プログラム 500 Startups Kobe Accelerator

米国シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタル「500 Startups」との起業家育成プログラムを実施しています。4年目を迎えた2019年は医療産業都市との相乗効果が期待できる「ヘルステック」に特化。世界中から参加したスタートアップがIT×医療の可能性に挑戦しています。そのほかシリコンバレーやアフリカ・ルワンダへの派遣プログラム等、グローバルな視点で新しいイノベーションを生み出していきます。

500 Startups Kobe Accelerator

「GovTechサミット」で変わる行政の姿を全国に発信 Urban Innovation JAPAN

社会課題の解決をビジネスの場として提示する「Urban Innovation KOBE」は、神戸市が解決したい課題を提示し、ITスタートアップと、市職員が一緒にサービス開発・実証実験を行う全国初の取り組みです。2019年には他自治体も巻き込んでの「Urban Innovation JAPAN」に発展。「行政×テクノロジー=GovTech」の波を神戸からひろげていきます。

Urban Innovation JAPAN

UNOPS(国連プロジェクトサービス機関)

国連が世界15ヶ所に設置を進めるイノベーション拠点の一つ。スタートアップやテクノロジー企業の技術を世界各地におけるSDGsの課題解決に活用します。2020年9月開設予定。UNOPS: United Nations Office for Project Services

クロスメディアイベント「078」

ITとさまざまなカルチャーをかけあわせ、ライブやカンファレンスを行う実験的なイベント。2019年度は3日間で約7万人を動員しました。

クロスメディアイベント「078」

IT関連企業等の進出を積極支援

都心の活性化に向けて、IT・コンテンツ関連企業等の都心エリアへの進出支援制度を強化しました。

New!賃料補助1/4▶1/2