Site top >  神戸進出の魅力 > 洗練された都市ブランド

洗練された都市ブランド

山と海に囲まれた美しいまち並みを誇る国際都市

古くから港町として発展してきた神戸は、多彩な文化が融合する国際色豊かな都市。幅広い分野の産業が集積し、ビジネス環境も抜群なことから、外国・外資系企業が多数立地しています。美しい自然やおしゃれな街並みも大きな魅力で、外国人にとっても暮らしやすいまちと高く評価されています。

プロモーション動画「神戸での立地の魅力」

概要

神戸市9区のご紹介

東灘区 大阪までのアクセスと、海と山に囲まれた環境が好まれ、近年マンションの新築が相次ぎ、多くの人で賑わっています。また、学生の集まる若者の街として、お洒落なカフェや雑貨店が集まっています。
灘区 水と緑の豊かな地域であり、各鉄道路線が通り、非常に活気があふれています。

さらに山手には、関西有数の高級住宅街があり、人気の高い地域となっています。

中央区 市内随一の繁華街「三宮」を中心とした地域で、旧外国人居留地をはじめとする歴史的な街並みがとてもきれいです。山陽新幹線の新神戸駅、神戸空港があり、全国へのアクセスに優れています。
兵庫区 港町として栄え、日本最大の運河がある地域です。

市街地では、東京の浅草と並び称された下町風情漂う新開地地域があり、活気にあふれています。

北区 豊かな自然が広がり、住宅街が神戸電鉄沿線を中心に形成されています。

東部にある有馬温泉は日本最古の温泉として有名で、多くの温泉客が訪れ、情緒あふれる地域となっています。

長田区 商店街をはじめとする小売業が盛んで、下町の活気にあふれている地域です。

「食のまち」、「音楽のまち」として、多くの人が集まるまちとなっています。

須磨区 須磨海水浴場、小高い山々や公園があり、海と山のレジャーが楽しめる地域となっています。近年、南部には大きなマンションが建ち並び、北部は大規模なニュータウンが多く開発され、ファミリー世帯に人気の地域になっています。
垂水区 沿岸部には海釣り公園やスポーツ公園などのレジャースポットがあり、憩いの場となっています。区内のほとんどが住宅地であり、アウトレットもあるため、ファミリー世帯が集まる地域となっています。
西区 自然環境に恵まれ、各所にニュータウンが多く開発されています。

神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待がかかり、最も人口が多い地域となっています。

神戸の歴史

日本列島のほぼ中央、瀬戸内海に面した神戸は1868年の開港とともに発展してきました。港の近くには、外国人が暮らす「外国人居留地」が形成され、ここが外国文化の窓口となってハイカラでモダンな空気をまち全体にもたらす役割を果たしました。

同時に、港を中心にしたさまざまな産業も誕生。洋服や欧風家具、洋菓子、靴をはじめ、海運や機械、造船、鉄鋼といった重厚長大型の産業も次々と登場し、地域の経済を牽引してきました。

神戸の風景

神戸の基礎データ

総人口 1,537,272人 (平成28年10月1日現在)
世帯数 705,409世帯 (平成28年10月1日現在)
面積 557.02k㎡ (平成28年10月1日現在)
気候
その他

神戸の統計についてはこちらをご覧ください。

暮らしたい街、住みたい街

暮らしたい街、神戸へ。(資料:2015年5月現在)

1868年の神戸港開港以来、鉄鋼・造船・機械・食料品など港の機能と密接に結びついた産業を中心に発展してきた神戸。

六甲山系と瀬戸内海に囲まれた豊かな自然環境を有し異国情緒あふれる街並み、有馬温泉や灘の酒蔵など美しく多彩な表情を持っているのが特徴です。

都市機能と自然環境をあわせ持つ暮らしやすさは、不動産会社などが発表する住みたい町ランキングでも毎年高く評価されています。

「おしゃれな街」としても知られ、「神戸コレクション」の開催をはじめ、アジアの都市で初めて「デザイン都市」としてユネスコに認定されています。

kurasitai-kobe

キーワードで見る神戸を好きな理由8(資料:2015年5月現在)

自然と街がバランスよく調和し、個性豊かな産業、観光、文化が魅力の神戸。

暮らしやすさ、住みやすさなど神戸の魅力をキーワードでご紹介します。

why-kobe

神戸の名所・地場産業

北は緑豊かな六甲山系が連なり、南は瀬戸内海に面する、自然豊かな港町・神戸。開港以来、外国文化を受け入れて独自の文化を発展させてきたこの町は、日本を代表する国際都市の一つです。「住」「憩」「動」「学」さまざまな視点からみる、神戸の姿を紹介します。

グルメ&スイーツ

安心・安全を食卓へ
こうべ旬菜

有機肥料を中心に農薬や化学肥料をできるだけ減らして栽培される”人と環境にやさしい野菜”です。

神戸市内産ぶどう100%の味わい
神戸ワイン

昭和59年から現在に至るまで、神戸市内産のぶどう100%で作り続けています。

世界に誇る食の芸術品
神戸ビーフ

兵庫県で生まれた但馬牛の中でも、特に肉質・霜降りの良いものだけが神戸ビーフと認定されます。

日本一の呼び声高い清酒の産地
灘五郷

良質の宮水と六甲おろしの冷気など、酒造りの条件にめぐまれる灘五郷は、清酒業界をリードします。

観光

世界一の吊り橋
明石海峡大橋

淡路島と本州・神戸を結ぶ。季節や時間で変化するライトアップイルミネーションは見ごたえあり。

毎年100万人以上が訪れる
須磨海浜水族園

「イルカライブ」、「大水槽」、「アマゾン館」など、わくわく楽しい見所が盛りだくさん!

平清盛を供養する
清盛塚

天然の良港として知られた兵庫津に遷都をしたのが平清盛。日宋貿易により、内外文物の窓口になりました。

1868年開港
神戸港

開港以来、人・物・情報が行き交う拠点として、また、国際貿易港として常に最新の設備を整備し、世界を代表する港に発展しました。

懐かしくてエキゾチックな異人館街
北野・異人館

三宮から山側へ向かって坂を上ると、遠い異国の香りがするまち・北野異人館があります。

広大な自然に癒される
六甲・摩耶

神戸市街の背後に、屏風のようにそびえる六甲山。季節を問わず、様々な催しが行われています。

阪神間随一のビーチリゾート
須磨海水浴場

種々のイベントも開催され若い方から家族連れまで幅広い世代に親しまれています。

震災復興のシンボル
鉄人28号

横山光輝(神戸市出身)の「三国志」とともに長田のまちを盛り上げています。

「ハイカラ神戸」を形づくる中心街
旧居留地

外国人たちの居住区として発展した『旧居留地』。”神戸らしさ”が凝縮されたスポットです。

神戸の冬の風物詩
神戸ルミナリエ

阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐ行事として開催しています。

神戸っ子の身近な動物園
王子動物園

「王子動物園」には、約200種の動物が飼育されています。桜の季節には園内の通り抜けも人気です。

六甲山北麗の神戸の奥座敷
有馬温泉

のどかな温泉情緒の中には、太閣秀吉ゆかりの史跡が点在するほか、美しい散策路が豊富にあります。

神戸の観光情報

さらに詳しい情報は、神戸公式観光サイト「Feel KOBE」をご覧ください。

買い物・レジャー

買い物

レジャー

育てる・学ぶ

学校、教育関連施設も充実しているので、子育ても安心してできます。

大学数では

学校数・在学者数

(平成24年5月1日)※保育所のみ平成24年4月1日現在

神戸市の教育関連施設 [図書館] 11ヵ所(分館含む)

[公民館] 7ヵ所

[幼稚園・こども園] 217ヵ所

[体育館・施設] 18ヵ所

[文化施設] 16ヵ所

[博物館・美術館など] 35ヵ所(歴史・美術・科学等)

他にも県立施設や民間施設など多数あり

(平成27年度)

外国人学校 8校(平成29年3月現在)

医療・福祉機関の充実

総合病院をはじめ、夜間休日診療機関もそろっているので安心して生活できます。

医療期間 [医療施設] 2,624ヵ所 (平成27年12月末現在)

[医療従事者] 3,8349人(うち医師5015人) (平成26年10月1日現在) 

[老人福祉施設(老人デイサービスセンターなど)]697ヵ所 (平成26年4月1日現在)

[児童地域福祉センター(保育所、児童館等)]492ヵ所 (平成26年4月1日現在)

国際交流

世界の8都市と姉妹(友好)都市提携

市民どうしのつながりを通じて国際交流を深めようと、神戸市では世界の8都市と姉妹都市・友好都市提携を結んでいます。また、親善協力都市、姉妹港など分野別の交流も盛んで、国境を越えたコミュニケーションを育んでいます。

姉妹都市

シアトル市(アメリカ合衆国) リガ市(ラトヴィア共和国)
マルセイユ市(フランス) ブリスベン市(オーストラリア)
リオ・デ・ジャネイロ市(ブラジル) バルセロナ市(スペイン)
天津市(中国) 仁川市(韓国)

親善協力都市

フィラデルフィア市(アメリカ合衆国) 大邱広域市(韓国)

姉妹・友好港

シアトル港(アメリカ合衆国) 天津港(中国)
ロッテルダム港(オランダ)  

海外事業所

神戸市には、3つの海外事務所があります。
各海外事務所では、姉妹都市、友好交流などの文化交流はもちろんのこと、企業誘致などの経済交流の促進を図っています。

btn03_blue_04

価格・優遇制度

進出企業一覧

進出企業インタビュー

神戸進出をお考えの皆様へ 神戸市長 久元喜造

神戸市

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ