Site top >  神戸進出の魅力 > 抜群の交通アクセス

抜群の交通アクセス

ビジネスに陸・海・空の機動力。求めていた立地が、ここにあります。

東京、名古屋、札幌、福岡、広島など、全国の主要都市と 1~3時間程度で直結。2006年の神戸空港開港で、陸・海・空の3ウェイ・アクセスが整う神戸は、ビジネス拠点として、まさに理想的な利便性を備えています。

空港と都心は新交通システムにより、最短16分台で結ばれ、さらに豊富な鉄道網と道路網が、良好なフットワークを提供。物流においては、空港のすぐ近くに世界屈指のコンテナポート、物流施設や用地を備えており、空路と海路、陸路との連携もスムーズ&スピーディーです。

 

神戸空港


airport-copy

神戸空港

 

国内主要都市へスピーディーな空のアクセス

東京(羽田)、札幌(新千歳)、沖縄(那覇)をはじめ、国内主要都市を結ぶ神戸空港。旅客ターミナルに乗り入れた新交通システム「ポートライナー」が、三宮と空港を約18分で走り、ビジネスもスピードアップ。関西国際空港へも高速艇で約30分で結ばれています。

国内へ

20150316_marineair_logo2  神戸空港「マリンエア」

10th_kobeairport2

神戸空港から、東京(羽田)、札幌(新千歳)、仙台、沖縄(那覇)など国内主要都市を結びます。

神戸空港までは、都心部(三宮駅)よりポートライナーを利用し、わずか18分車でも15分

駅改札から搭乗口まで至近距離で、移動の時間ロスもありません。

フライトスケジュールは、神戸-東京(羽田)間を朝7:10分発から1日9便用意しており、東京での朝9:00からの会議も間に合います。

また、搭乗者については、駐車場の割引が受けられ、24時間まで無料、2日目からは1日上限1,000円なので、1泊2日の出張でも駐車料金の負担が1,000円までです。

都心に隣接した都市型空港が、あなたのビジネスのスピードアップに貢献します。

 

神戸空港マリンエア情報サイト

 

就航路線と所要時間(ダイヤ上の最短時間)

2703kukorosen

札幌(新千歳)約2時間
長崎約60分
東京(羽田)約70分
沖縄(那覇) 約2時間
 
神戸空港ターミナル

 時刻表など詳細は神戸空港ターミナルのホームページをご覧ください。

 

海外へ

関西国際空港まで約30分

神戸空港から関西国際空港へは高速船「神戸-関空ベイシャトル」が就航してお り、約30分でアクセスしているほか、神戸(三宮)からリムジンバスで約60分です。

 神戸-関空ベイシャトルHP(海上アクセス)

神戸は、国際的なビジネスニーズにも、しっかりお応えする先進の企業立地です。

また24時間運営されている関西国際空港は、30カ国・地域、世界67都市 (2009年8月ピーク時計画)への直行便があり、快適便利な国際空港として知られています。乗り入れ航空会社は59社。パリ、ロンドン、デトロイト、シ ドニー、シンガポール、北京、上海など、世界の主要都市と直結しています。

地図

 

関西国際空港から主要都市(空港)への最短所要時間 (2008年12月現在)

パリ12時間45分
ロンドン 12時間45分
シドニー11時間40分
北京3時間
上海(上海浦東)2時間30分
ソウル1時間55分
デリー11時間30分
シンガポール6時間55分
バンコク6時間20分
カイロ13時間50分

 

神戸港

port-copy

神戸港

 

市街地に隣接する国際物流拠点

世界130余国500余りの港とネットワークを結ぶ屈指のコンテナポート、神戸港。平成22年8月には大阪港とともに阪神港として「国際コンテナ戦略港湾」に選定されました。国際物流を支えるゲートポートとして、ますます発展します。

日本を代表する国際貿易港

 

日本を代表する国 際貿易港である神戸港は最先端の大水深高規格バースを有し、北米、欧州、中南米、オセアニア、東南アジア、中国航路など世界の約130カ国・500あまりの港と定期航路が結ばれています。

世界の主要船社が神戸港と世界各港をつなぐ直行サービスを配船しており、日本と世界各港の港を最短のリードタイムで結びます。神戸の外資系企業からも、市街地に近く物流に便利な港として定評があり、効率的かつスムーズな輸出入が可能です。

神戸港は2017年1月1日に開港150年を迎えました。

 

神戸開港150年特設サイトへ

150logo[1]

神戸港に関する情報サイト

 

鉄道

train-copy

鉄道

 

網羅された多様な鉄道網で、各都市へ

目的地へのスムーズなアクセスを実現するのは、新幹線「のぞみ」「みずほ」が停車する新神戸駅をはじめ、JR、私鉄、地下鉄、高速バスなどで縦横に結ばれた交通網。大阪、京都などの関西圏はもとより、東京、名古屋方面や中国、九州方面へもアクセス良好です。

 

▽山陽新幹線「新神戸駅」から主要駅までの所要時間(のぞみ・みずほ利用時)

▽JR「三ノ宮駅」から各主要駅への所要時間(新快速利用時)

鉄道コンテナ輸送とモーダルシフト

神戸貨物ターミナル駅(須磨区)から、安心と信頼の鉄道ネットワークを利用して、全国各地へ輸送できます。

鉄道貨物輸送は、CO2排出量削減の環境対策のみならず、トラックドライバー不足への有効な手段として、ますます注目されています。

 

 

JR貨物を利用する(日本貨物鉄道株式会社)

 

 

高速道路

highway-copy

高速道路

東西南北の高速ネットワークに接続。抜群のアクセス網

阪神高速道路、山陽自動車道、中国自動車道、神戸淡路鳴門自動車道などの高速道路が、関西をはじめ、名古屋・北陸・四国・中国・九州まで広くカバー。神戸港や神戸空港にも近く、多様な物流ニーズに対応しています。

 

広域の主要道路交通網

東西南北の交通の要所となっており、中国自動車道、山陽自動車道、名神高速道路、神戸淡路鳴門自動車道など、高速道路網へのアクセスも良好です。

関西大都市圏はもちろん、中部、中国、四国地方へスピーディな物流が実現できます。

充実した交通インフラが、東西南北すべてに広域ネットワークを形成しています。

 

神戸市内の交通網(クリックで拡大)

神戸市内においても、東西南北をスムースにアクセスでき、大都市ならではの太く強い道路網が整備されています。インランドエリアの産業用地も、都心から約30分程度で到着できます。

神戸市において、「みちづくり計画」を定めており、社会潮流(人口減少社会の到来・超高齢化社会の進展・東京圏一極集中、将来交通量減少の見通し等)や道路の課題などを踏まえて、これからのみちづくりに関する指針や施策などを定めるもので、神戸市基本計画の道路に関する部門別計画です。

神戸のみちづくり計画(H28.3改定)

阪神高速湾岸線(大阪湾岸道路)西伸部 (六甲アイランド北~駒栄)の事業化について

大阪湾岸道路は、神戸淡路鳴門自動車道(垂水ジャンクション)から関西国際空港(りんくうジャンクション)までを結ぶ延長約80kmの自動車専用道路です。
大阪湾沿岸地域の既存幹線道路の交通負担を軽減し、都市環境の改善を図るとともに、大阪湾沿岸諸都市を有機的に連絡して、都市の活力を向上させることを目的に整備が進められています。

 

出典:国土交通省 近畿地方整備局 兵庫国道事務所「兵庫国道事業概要」

価格・優遇制度

進出企業一覧

進出企業インタビュー

神戸進出をお考えの皆様へ 神戸市長 久元喜造

神戸市

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ