Site top >  外国・外資系企業の皆さまへ > 世界的な企業が進出

世界的な企業が進出

神戸市には、現在約200社以上(神戸市把握分)の外国・外資系企業が本社や事業所を構えています。 ネスレ、P&Gなど世界的な企業が本社を置くケースも多く、その成功例に学ぼうと進出を決める企業も少なくありません。日本でのビジネスをスムーズにスタートさせるのに最適な都市として十分な実績を持っています。

グローバルトップ企業から高い評価

神戸に本社や事業所を置く外資系企業は中国、アメリカ、スイス、フランス、ドイツなど各国にわたります。各社が神戸を選んだ理由はどこにあるのでしょうか。
例えば、「拠点が東京の必要はない。暮らしやすい都市だから従業員にも評判がいい」(ネスレ)、「交通の便や治安が良く、都会的な生活と自然を両方楽しめる。子どもの教育環境も素晴らしい」 (P&G)、「日本のライフサイエンスは非常に進んでいて研究機関の研究レベルも高い。医療産業都市にも期待している」(イーライリリー)との意見をいただいています。

進出企業の声

代表取締役社長 奥山 真司氏

日本人にも外国人にも素晴らしい環境。
優秀な人材の採用にも有利です。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
代表取締役社長 奥山 真司氏

神戸は、社員の住環境、交通アクセス、国際都市のイメージのすべてにおいて優れています。都会的な環境とともに海や山の自然があり、通勤も便利で社員に働きやすい環境を提供してくれます。また国際空港や新幹線の駅にも近くビジネスにも私生活にも便利です。神戸の魅力は有能な人材を採用するのにも適しています。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

米国にグループ本社を置く世界的日用品メーカーの日本法人。1973年、大阪で日本でのビジネスを開始し、1993年に神戸六甲アイランドに移転。

代表取締役社長兼CEO 高岡 浩三氏

自然にも、生活環境にも恵まれた未来志向の街、神戸。
ここで新たな成長の未来図を描きます。

ネスレ日本株式会社
代表取締役社長兼CEO 高岡 浩三氏

ネスレの本部は、創業以来スイスの小さな町ヴェヴェー。その経験から、日本でも仕事のしやすさに加え、社員の住みやすさも重視し、神戸に本社を置いてきました。神戸は、インターナショナルな雰囲気をもち、ファッショナブルで、外国人にも住みやすく、感性の優れた人材が多い街でもあります。新しいことにも積極的に取り組む気風と、恵まれた生活環境からも、外資系企業の立地には最適な場所と言えるでしょう。

ネスレ日本株式会社

世界最大の総合食品メーカー、ネスレグループの日本法人。1913年に横浜で創業し、1922年に神戸に拠点を移転。

代表執行役社長 パトリック・ジョンソン氏

神戸で40年以上、日本中のどの都市にもない魅力と
可能性が事業を継続的な成功へ。

日本イーライリリー株式会社
代表執行役社長 パトリック・ジョンソン氏

神戸は社員が住みやすく、働きやすい環境であると思います。医療産業都市構想が進行しているため、医療用医薬品を扱う当社にとっても様々な意味で理想的な立地です。世界で活躍する人材の輩出にも、神戸の国際的な環境が大きく寄与していると感じます。私たちは、患者さんとそのご家族のより豊かな人生のために、革新的医薬品を開発・製造し、この働きやすい神戸から思いやりを込めてお届けしています。

日本イーライリリー株式会社

イーライリリー社において、米国外で世界最大規模を誇る日本法人。1965年に神戸に進出し、1975年に日本法人を設立。世界中の人々のより豊かな人生のために、革新的な医薬品開発を推進。

代表取締役社長 木村靖人氏

神戸に拠点を開いて90年余り、
名実ともに神戸と一緒に発展してきました。

アルストム株式会社
代表取締役社長 木村靖人氏

1918年、前身のガデリウス(株)が神戸に事務所を開設して以来、ずっと神戸に拠点を置き、1999年に本社も東京から移転しました。世界のネットワークを背景に、業務を行う上で不自由はなく、従業員にとっての住環境の良さが魅力です。空と陸と海のアクセスの良さがビジネスとライフスタイルに大きなプラスになっています。

アルストム株式会社

フランスを本拠に世界100カ国、93,000人の従業員を擁し、発電・送電設備と鉄道輸送システムを展開するアルストムグループの日本法人。2007年に日本創業100周年を迎えた外資系企業の先駆的存在。

代表取締役社長 陳 建君氏

学生時代から好印象を抱いていた神戸で起業。
将来性と市の熱心なサポートが決め手に。

上海潤東バイオテクジャパン株式会社
代表取締役社長 陳 建君氏

神戸は日本先端医療と健康産業の都市であり、暮らしとビジネスがバランスよく調和しており、中国との繋がりも強い。日本と中国に向けての製品開発とビジネス展開をサポートする当社にとってはベストの拠点。ますます発展していく医療産業都市神戸を基点として、日本と中国への進出を図る医療・健康ビジネスの企業の架け橋となり、クライアントのビジネス拡大と共に、成長し続ける企業を目指します。

上海潤東バイオテクジャパン株式会社

神戸大学の留学生OBの陳氏が、中国における臨床試験の受託、市場開発コンサルティングのために2003年に設立。バイオを通して「日中の架け橋」を目指す。

代表取締役社長 楊 建中氏

ビジネスにも生活にも最適な街、神戸。
その神戸発信の美と健康を世界へ届けたい。

株式会社 Beauty & Health Innovation
代表取締役社長 楊 建中氏

神戸はビジネスにも生活にも好環境な、バランスの取れた街だと思います。とてもお洒落な街でもありますし、全ての面において質の高い場所です。当社が目指しているアジア消費者向けの新規・高機能性の化粧品とヘルスケア製品のイノベーション拠点として最もふさわしい立地だと信じています。個人的には、18年間住んできた大好きな「ホームタウン」でもあります。

株式会社 Beauty & Health Innovation

2009年4月に中国化粧品メーカー•江蘇隆力奇社の一部出資を受け設立し、受託研究開発および輸出入を柱に、日中化粧品業界間のWin-Win関係を促進。

代表取締役社長 アンドレアス・ティーフェンバッハー氏

ユミコアは神戸では新参者ですが、
既にこの活力満ちた環境に慣れ親しんでます。

ユミコアジャパン株式会社
代表取締役社長 アンドレアス・ティーフェンバッハー氏

神戸市と兵庫県とのやりとりは2008年から始まりましたが、早くからこの街は独特の力強さと開放感を感じることができました。それに加えて、全ての交通手段(港湾、国内空港、国際空港更に新幹線)が近接していることは魅力的なトランプカードを豊富に保有してるかの様で、進出したユミコアにとっても高い利便性を提供してくれてます。2010年にユミコアジャパンはポートアイランド敷地内に工場の建設を開始しました。そして、2011年の春に完成しました。現在、我々は神戸が我々従業員にとっても大変住みやすい街であることを経験しております。何人かの従業員は日本国内或いはアジアからから移ってきましたが地元のコミュニティーと上手く係わっております。神戸は巨大都市ではなく、適正なサイズでの快適性を提供してくれます。更に神戸の資産として、人の採用があります。高度な研究機関や全ての分野の製造業があることによって我々が求める化学工場に適した技術を持った人材を生み出していると思います。

ユミコアジャパン株式会社

2011年ポートアイランドに進出。日常生活に密着しそのクオリティ向上に寄与できる材料ベースのソリューションを開発・製造・提供するリーディングカンパニーを目指す。日本では、4つの製造拠点から主に自動車産業、電気産業、化学産業そして電池産業のサービスを提供します。

代表取締役社長 ステファン・ジヌー氏

国際的な事業発展のための素晴らしい環境が整った神戸市で、
日本の航空産業の持続的成長を支える第一歩を踏み出したい。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社(エアバス・ジャパン株式会社)
代表取締役社長 ステファン・ジヌー氏

神戸市には、高い技術をもち、世界で活躍できる優秀な人材がいます。また、最先端技術や新規事業への支援体制が充実し、事業発展の機会をつくる各種ビジネス交流会もさかんです。エアバス、エアバス・ヘリコプターズを擁するエアバス・グループのネットワークを通じ日本の高い技術を世界に発信して日本の航空産業の持続的成長に貢献するために、神戸市は素晴らしい環境を提供してくれます。当社は、神戸空港を拠点に、空の安全性・有用性・経済性を高め、引き続き地域発展のために貢献していきます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社(エアバス・ジャパン株式会社)

世界No.1のヘリコプターメーカーの日本法人。日本では50年以上の実績があり、市場シェア54%、機体販売から整備、訓練まで一貫したサービスを提供している唯一の外資系航空機メーカー。

価格・優遇制度

進出企業一覧

進出企業インタビュー

神戸進出をお考えの皆様へ 神戸市長 久元喜造

神戸市

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ