Site top >  神戸進出の魅力 > 神戸の産業 > 環境・エネルギー

環境・エネルギー

神戸市では、低炭素社会の実現に加えて、エネルギーの安定供給とコスト削減に公民一体となってチャレンジし、人に、自然に、地球に、未来に貢献する「環境貢献都市KOBE」をめざしています。平成25年3月、国が指定する環境モデル都市に選定されました。
また、市内には、発送電、蓄電、新エネルギー等多様なエネルギー関連企業が立地しています。
特に、水素エネルギーに関連する取り組みを重点的に展開しています。市内中小企業を中心に水素クラスター勉強会が発足し、20社を超える企業が大手企業と連携しながら取り組みを進めております。また、スマート水素ステーションが神戸テクノ・ロジスティックパーク内(こうべ環境未来館)に整備されました。

環境貢献都市KOBEの取り組み

 神戸市における次世代エネルギーや再生可能エネルギーの利用拡大をめざし、幅広い水素利用や太陽光発電の促進をはじめとした、様々なプロジェクトに取り組んでいます。

貢献都市KOBEプロジェクトマップ

btn03_blue_04

神戸空港島での水素サプライチェーンの構築実証事業

オーストラリアで水素を製造・液化・積荷し、海上輸送にて日本で揚荷・供給を行う水素サプライチェーンに係る実証事業の実施に向けて、施設整備を行うなど取り組みがすすんでいます。

水素サプライチェーンを構成する技術のうち、「液化水素輸送技術」「液化水素の荷役技術の開発」を中心となって担当する川崎重工業株式会社との間で、神戸空港島北東部において連携して実証事業を推進していくことで合意しました。

(1)合意日  :平成28年1月21日(木)
(2)事業拠点 :神戸空港北東部 約1ha
(3)スケジュール(予定)
  平成27,28年度 技術要素の試験及び仕様の検討
  平成28年度~平成31年度 液化水素荷役設備の設計・製作・試運転等
  平成32年度        実証運転 

※ 液化水素荷役設備・・液化水素運搬船との間で水素の荷役(揚荷、積荷)を行うための荷役装置や、配管、貯蔵タンク、関連装置等から構成された陸側に設置される設備

 

価格・優遇制度

進出企業一覧

進出企業インタビュー

神戸進出をお考えの皆様へ 神戸市長 久元喜造

神戸市

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ