Site top >  神戸進出の魅力 > スーパーコンピューターの産業利用

スーパーコンピューターの産業利用

スーパーコンピュータ「京」について

スーパーコンピュータ「京(けい)」は、神戸市中央区のポートアイランド第2期において、国立研究開発法人理化学研究所により整備され、2012年9月28日に共用開始されました。
 
 2011年の6月(ドイツ)と11月(アメリカ)には計算速度を競うスーパーコンピュータの計算性能ランキング「TOP500」において、2期連続となる「世界第1位」を獲得しました。
 
 2016年11月の最新ランキングでは、中国のスパコン「神威太湖之光」、「天河2号」、アメリカのスパコン「タイタン」、「セコイア」、「コリ」、日本の「オークフォレストパックス」に次いで世界第7位となっています。

 また、同じく2016年11月に発表されたビックデータ処理(大規模グラフ解析)に関する計算性能ランキング「Graph500」においては、4期連続の第1位(これまで通算で5期の第1位)を獲得しています。
 「Graph500」とは、グラフ解析の性能を競ったものであり、近年大きな注目を浴びてきています。例えばソーシャルネットワークやウェブデータ上での解析や脳内で複雑に結ばれた神経の働きの解明、その仕組みを真似た人工知能の研究に役立つなど、世界中で行われている様々な分野での研究に貢献すると期待されています。

 さらに、同じく11月に行われた計算性能ランキング「HPCG」にて、「京」が初めて第1位を獲得しました。「HPCG」とは産業利用などの実際のアプリケーションで良く使われる計算手法を用いた処理速度を評価するランキングで、「京」が実際のアプリケーションをより効率的に処理できることが示されました。

 「京」は1秒間に1京(10の16乗、1万兆)回の計算能力があり、大量のデータを高速に計算して、コンピュータ上で様々なシミュレーションを行うことができます。
 「京」は神戸市民154万人(平成28年11月現在)が1秒間に1回計算するとして、約200年かかる計算を1秒間で行うことができます。

 

スパコン「京」の事例

例えば、新しい薬の開発時間の短縮や地震や津波などの災害予測の精度向上、新車の開発時間の短縮など、様々な分野での利活用により、市民生活の向上に大きく貢献することが期待されています。

また、「京」は、科学技術の幅広い分野に亘り、国内外の研究者に活用される汎用スパコンです。あわせて企業も利用が可能ですでに60社を超える企業が利用しています。

 

神戸市が推進しているプロジェクトである「医療産業都市」においてもライフサイエンスの分野でさらなる研究の加速が期待されています。

また、神戸市、兵庫県、産業界により設立された計算科学振興財団の拠点として、平成23年4月「高度計算科学研究支援センター」が「京」の隣接地に開設されました。さらに、「京」の周辺には、甲南大学、兵庫県立大学、神戸大学といった大学も集積しており、知の拠点(COE)とイノベーション拠点(COI)の形成が進んでいます。

今後は、「京」と兵庫県播磨にあるSPring-8やSACLAといった最先端研究施設と連携して「革新的創薬開発」や「省エネ材料開発」といった研究成果を、世界に先駆けて神戸から発信していくことが期待されています。

「京」の産業利用について

利用の流れ(一般財団法人 高度情報科学技術研究機構)

スーパーコンピュータ「FOCUS」について


FOCUS スパコンシステムの特色
  • 唯一の産業界専門の公的スパコン
  • 国内唯一の産業界専用公的スーパーコンピュータとして2011年4月より供用を開始。以来システムの増強を繰り返し、2014年1月現在で総理論演算性能は272テラフロップスに達している。
  • 産業界に広く普及しているアーキテクチャを採用し、利用しやすいシステム環境構築。
  • 特徴の異なる5つの演算サーバ(A~Eシステム)を持ち、利用者の目的に応じて使い分けることが可能。演算サーバの他、フロントエンドサーバ、高速ストレージシステム等で構成。
  • アプリケーションベンダーと協力し、ソフトウェア動作検証状況を公開。オープンソースや自社開発アプリケーションをインストールし利用可能。
  • 技術支援スタッフ・常駐SEによる利用サポート。

 

FOCUSを活用すれば、こんなニーズにお応えできます

 

1解析規模を拡大したい
2計算機需要ピーク時の外部計算資源として使いたい
3計算機選定の為のベンチマークテストをやってみたい
4ポスト処理の為に実装メモリの大きなマシンを使いたい
5複雑な事務処理をすることなく外部計算機資源を確保したい
6公的機関で作成された超並列計算対応のソフトウェアを使ってみたい
7トラブル対応の為、大至急で計算を行う必要があるのですぐに使いたい

「FOCUS」の産業利用について

利用の流れ(公益財団法人 計算科学振興財団)

 産業利用の例・実績等

全国にある大規模なスパコンにおいては、産業利用(民間企業がスパコンを利用してシミュレーション解析を行って、その成果を自らの企業活動に還元する)が進められています。以下に、その事例のうち、ものづくり分野での例を紹介しています。 

btn03_blue_04

 

アクセス

神戸市中央区港島南町7丁目(ポートアイランド第2期内)

 

スーパーコンピュータ「京(けい)」及びFOCUSスパコンは、神戸の人工島ポートアイランド第2期にあり、神戸新交通ポートライナー「京コンピュータ前駅」の南西、徒歩約3分のところに位置しています。
 
 各路線三宮駅からはポートライナーで所要時間約14分、神戸空港からはポートライナーで隣の駅にあり所要時間は約3分、という非常に交通至便な立地です。
 
 また、神戸医療産業都市の中核施設(ポートライナー医療センター駅周辺)とも近接しています。

 

○神戸市ホームページにても、情報掲載しております。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/supercomputer/index.html

価格・優遇制度

進出企業一覧

進出企業インタビュー

神戸進出をお考えの皆様へ 神戸市長 久元喜造

神戸市

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ