産業用地の売却面積 200ヘクタール突破 ~株式会社伊藤園が工場用地を拡張(神戸テクノ・ロジスティックパーク)~

ピックアップ

2017/03/23


記者資料提供(平成29 年3月23 日)
神戸エンタープライズプロモーションビューロー
産業用地グループ(みなと総局経営企画部企業誘致課) 牛尾・原田・武藤
総務・外資グループ(医療・新産業本部企業誘致部企業立地課) 垣内・梅澤
TEL:078-322-5703(内線5433) E-mail:yuchi@office.city.kobe.lg.jp
 

産業用地の売却面積 200ヘクタール突破
~株式会社伊藤園が工場用地を拡張~
― 神戸テクノ・ロジスティックパーク―

 

 

 このたび、株式会社伊藤園が、神戸テクノ・ロジスティックパーク(神戸複合産業団地)において、新たに工場用地を拡張することとなりました。

 この土地売買契約により、神戸エンタープライズプロモーションビューロー(平成17 年4月発足)は、平成26 年12 月に設定した「平成28 年度までに50 ヘクタールの産業用地売却」の目標を達成しました。

 これにより、神戸エンタープライズプロモーションビューロー発足以降、産業用地の売却面積は累計200 ヘクタールを突破しましたのでお知らせします。

 今後も医療や航空機、IT など、この先の成長が見込まれる分野をメインターゲットとしながら、製造業や物流業のさらなる集積、本社機能の誘致などに取り組んでいきます。

 

1. 産業用地の処分状況(平成29年3月23日現在)

(面積:ヘクタール)

平成17 年度以降の契約状況  分譲 賃貸 合計

件数

面積 件数 面積 件数 面積
累計

287

208.1   199  94.6  486  302.7

 

 

2.新たな土地売却の目標

平成33 年度までに50 ヘクタールの産業用地売却

 

【株式会社伊藤園の事業拡張】

株式会社伊藤園は、神戸テクノ・ロジスティックパークにおいて、「お~いお茶」の
飲料用などの茶葉を生産する、緑茶仕上げ加工工場(神戸工場)を建設し、平成28 年9月
より操業しています。
このたび、主力ブランドで展開している「タリーズコーヒー」についても、生産能力
の一層の強化にむけたコーヒー豆の焙煎加工工場を建設するため、神戸工場の隣接地を
新たに取得することになりました。
神戸工場において、充実した道路ネットワークや強固な地盤など、操業環境の良さを
評価いただき、同団地での拡張を決定いただきました。

 

【参考】株式会社伊藤園について

・本社所在地 東京都渋谷区本町3 丁目47 番10 号
・代表者 代表取締役社長 本庄 大介
・設立 1966(昭和41)年8 月22 日
・事業内容 飲料・茶葉の製造、販売等
・資本金 19,912,300,000 円
・従業員数 5,340 人(平成28 年4 月末現在)

 

 

   新工場(拡張) 神戸工場(参考) 伊藤園関西茶業(参考)
 所在地  神戸市西区見津が丘5 丁目  
 敷地面積

16,333.53㎡

15,024.37㎡ 15,024.37㎡
延床面積

約9,600㎡

9,782.67㎡ 7,345.26㎡
 施設内容  工場、事務所等  工場、事務所等  本社、工場
 契約日  平成29 年3 月13 日  平成23 年12 月22 日  平成23 年12 月22 日
 操業開始  平成31 年3 月(予定)  平成28 年9 月  平成24 年11 月

 

(問い合わせ先)
 株式会社伊藤園 広報部 TEL:03-5371-7185

 

位置図はこちら

 

 

一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ 078-322-5329

資料請求、ご相談、見学希望など、ご要望をお聞かせ下さい。
市職員がご対応いたします。

よくある質問はこちら
ページトップへ